その他の税制

地球温暖化の対策のための税金

地球温暖化の原因になる温室効果ガスの約90%を占めるエネルギー起源二酸化炭素排出の抑制を行う観点から、「地球温暖化の対策の為の税金」が設けられます。
⇒全化石燃料を、課税ベースにする石油・石炭税に二酸化炭素の排出量に大した税率が上乗せされます。
2012年10月1日から、檀家的な税率の引き上げが行われます。

=税率=

41

=段階的実施=

課税物件
現行の税率
2012年10月1日~
2014年4月1日~
2016年4月1日~
原油や石油製品
[1KL当たり] 
(2040)
+250
(2290)
+250
(2540)
+260
(2800)
ガス状炭化水素
[1㌧当たり]
(1080)
+260
(1340)
+260
(1600)
+260
(1860)
石炭
[1㌧当たり]
(700)
+220
(920)
+220
(1140)
+230
(1370)

*( )は石油石炭に対する税率

*設置に関しては、負担軽減措置・免除・還付措置が実施されます。

関連記事

  1. 地方税不服申立制度の再検討
  2. 国税不服申立制度の再検討
  3. 延滞税などの再検討
  4. 航空機燃料税の引き下げ
  5. 沖縄に関する税制
  6. 試験研究をした時の法人税の額数の特別控除
  7. 納税の猶予・換価の猶予の再整備
  8. 過大支払利子制度‐関連者の間の利子で租税を回避するケースの対応‐…
PAGE TOP