その他の税制

復興支援を目的とする消費課税に新措置を創設

被災自動車などを使用していた人が得る自動車に関する自動車重量税の免税措置の適用期限が2年に引き延びられ、被災自動車などに関する自動車重量税の還付措置の適用期限が2年に引き延びられます。
更に地方税上では、被災代替自動車などを得ることに関する自動車取得税の非課税措置の適用期限が2年に引き延びられます。
最後に、軽自動車税と自動車税の非課税措置の適用期限が下記のとおりの年分の軽自動車税・自動車税が非課税となる措置が設けられ、2年に引き延びられます。
*平成25年度に被災代替自動車などとして得た自動車など:平成26年度分
*平成26年度に被災代替自動車などとして得た自動車など:平成26年度分と平成27年度分
*平成27年度に被災代替自動車などとして得た自動車など:平成27年度分と平成28年度分

関連記事

  1. 2013年度の税制改正(内国税関係)に基づいた増減収見込額数
  2. 既存建築物に対する耐震改修投資を促すための税制措置
  3. その他法人税に対する改正事項
  4. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
  5. 景観重要建造物の税金に関する新措置の創設
  6. 航空機燃料税の引き下げ
  7. その他の個人所得に関する税制改正
  8. 公益法人への寄附に関する非課税の特例に新たな措置の創設
PAGE TOP