平成24年度税制改正

住宅取得等の資金に関する贈与税の非課税措置の延長・拡充

高齢者の保有している資産の若年世代に対する早期移転を促すことを通じて、経済社会の活性化を目的にすると同時に、東日本大震災の状況を考慮して、耐震性の向上と省エネルギーの促進に投資する良質住宅ストックの形成を行う観点で、直系尊属から住宅取得等資金の贈与を貰った時の贈与税の非課税措置の延長・拡充が行われます。
*2012年1月1日から行われる贈与で取得された住宅取得等の資金に関する贈与税に対する適用となります。

39

*東日本大震災の被災者に対する非課税枠に関しては、2012年~2014年の3年の間、15,000,000円(特別枠)や10,000,000円(一般枠)になります。
*「一般枠」「特別枠」のどちらも、床面積が50平方メートル以上~240㎡平方メートル以下になる住宅が対象となります(東日本大震災の被災者に対しては上限がありません)。

関連記事

  1. 収用で得た代替資産に対する課税特例に新措置創設
  2. 試験研究をした時の法人税の額数の特別控除
  3. 税率構造の再検討と相続税の基礎控除の引き下げなど
  4. リニア新幹線の建設支援、用地取得税が非課税に
  5. 各種登録免許税に対する租税特別措置などの延長・拡充
  6. 居住用財産に関する様々な特例の適用創設・延長
  7. 給与所得控除の再検討
  8. 農地保有を合理化する農地の譲渡に対する特別控除の見直し
PAGE TOP