平成24年度税制改正

退職所得課税の再検討

勤続年数が5年以下である法人役員などに支払う退職金に関して、5割の課税が廃止されます。
*所得税は2013年分から、住民税は2013年1月1日から支給されなければならない退職金からの適用となります。

退職所得に関する所得税額の算出

:他の所得とは別枠で、下記の計算式で分離課税
38

=改正後=

● 勤続年数が5年以下である法人役員などの退職金に対して、2分の1課税が廃止

関連記事

  1. 資産生産性向上促進税制
  2. 試験研究をした時の法人税の額数の特別控除
  3. 法人税率の引き下げ
  4. 沖縄の振興に関連した税制改正‐その他の見直し・拡充
  5. 山林に対する相続税の納税猶予制度
  6. 特定基金に関する負担金などの損金算入特例の縮減
  7. サービス業・商業・農林水産業を経営する中小企業者等の支援措置
  8. 大法人の交際費課税の見直し
PAGE TOP