平成24年度税制改正

退職所得課税の再検討

勤続年数が5年以下である法人役員などに支払う退職金に関して、5割の課税が廃止されます。
*所得税は2013年分から、住民税は2013年1月1日から支給されなければならない退職金からの適用となります。

退職所得に関する所得税額の算出

:他の所得とは別枠で、下記の計算式で分離課税
38

=改正後=

● 勤続年数が5年以下である法人役員などの退職金に対して、2分の1課税が廃止

関連記事

  1. 地球温暖化の対策のための税金
  2. 住宅取得等の資金に関する贈与税の非課税措置の延長・拡充
  3. 国家戦略特区に対する新措置の創設
  4. 特定基金に関する負担金などの損金算入特例の縮減
  5. 徴収共助に関する国内法の整備
  6. 農地などの相続税の納税猶予制度の整備
  7. 大法人の交際費課税の見直し
  8. 法人の一般の土地譲渡益に対する追加課税制度に対する新措置の創設
PAGE TOP