平成24年度税制改正

退職所得課税の再検討

勤続年数が5年以下である法人役員などに支払う退職金に関して、5割の課税が廃止されます。
*所得税は2013年分から、住民税は2013年1月1日から支給されなければならない退職金からの適用となります。

退職所得に関する所得税額の算出

:他の所得とは別枠で、下記の計算式で分離課税
38

=改正後=

● 勤続年数が5年以下である法人役員などの退職金に対して、2分の1課税が廃止

関連記事

  1. エネルギーの需給構造改革推進設備などに対する即時償却制度
  2. 大法人の交際費課税の見直し
  3. 公益法人などの収益事業に対する課税の再検討
  4. 国家戦略特区内の機械購入、税優遇策の対象に
  5. 福島復興再生特別措置法の改正と同時に設けられる措置
  6. その他法人税に対する改正事項
  7. ベンチャー投資などに対する後押し
  8. 中小法人の交際費課税の特例
PAGE TOP