平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

景観重要建造物の税金に関する新措置の創設

景観法の定めによって指定された景観重要建造物の中で、世界遺産に登録された一定固定資産の固定資産税・都市計画税に対し、課税標準を価格の1/3にする措置が設けられることにし、対象に含まれる資産が世界遺産に登録されてから、法制上の措置を適用することになります。

関連記事

  1. 児童扶養手当に対する新措置の創設
  2. 公益法人への寄附に関する非課税の特例に新たな措置の創設
  3. 公認会計士に関する資格付与の再検討
  4. 法人住民税法人税割税率の改正
  5. 住宅資金融資の減税額の増額、最大400,000円に
  6. 地震防災対策用の償却資産の課税標準特別措置の適用期間延長
  7. 税理士制度の再検討(2)
  8. 農地に関する新措置の創設
PAGE TOP