平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

景観重要建造物の税金に関する新措置の創設

景観法の定めによって指定された景観重要建造物の中で、世界遺産に登録された一定固定資産の固定資産税・都市計画税に対し、課税標準を価格の1/3にする措置が設けられることにし、対象に含まれる資産が世界遺産に登録されてから、法制上の措置を適用することになります。

関連記事

  1. PE帰属所得の計算
  2. 事業承継制度 (1)相続税の納税猶予
  3. 譲渡所得等の課税特例の範囲の見直し
  4. 各種登録免許税に対する租税特別措置などの延長・拡充
  5. 経営改革の後押し…収益力の向上が目標
  6. その他の租税特別措置など
  7. 地方税の自動車税に関する消費税の再検討
  8. 小規模宅地などの相続税課税の特例の再検討
PAGE TOP