平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

景観重要建造物の税金に関する新措置の創設

景観法の定めによって指定された景観重要建造物の中で、世界遺産に登録された一定固定資産の固定資産税・都市計画税に対し、課税標準を価格の1/3にする措置が設けられることにし、対象に含まれる資産が世界遺産に登録されてから、法制上の措置を適用することになります。

関連記事

  1. マンション建て替えの促進に関する法律改正に伴う新措置の創設
  2. その他地方税の消費課税に関する見直し事項
  3. 青色申告書の提出をやめた時の一部準備金制度による準備金の取崩し方…
  4. 地方税に対する租税特別措置の延長・拡充事項
  5. 不動産取得税に関する新措置の適用期限の延長・廃止
  6. その他の国税の納税環境整備に関する変更事項
  7. 関税に対する変更事項
  8. その他の個人所得に関する税制改正(地方税)
PAGE TOP