平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

農地保有を合理化する農地の譲渡に対する特別控除の見直し

農地の保有を合理化するなどを目的とする農地などの譲渡を行ったときの8,000,000円特別控除について、下記の措置が設けられます(法人税に関しても同様)。
(1)適用対象に、「農地中間管理事業の推進に関する法律」の定めによる農地中間管理機構に農用地区域内の農用地などの譲渡を行ったケースを入れます。
(2)適用対象に入る山林に関する土地の譲渡でその土地を得た人は、森林経営計画に対し、森林法施行規則改正を前提にし、改正されてからの認定基準に基づいて作成し、認定された人にします。

関連記事

  1. その他の国税における資産課税の改正事項
  2. 地方公務員共済、国家公務員共済、私立学校教職員共済への新措置
  3. 中小企業など協同組合法の一部改正よる一定措置の創設
  4. 予防接種法の健康被害救済給付に対して新措置の創設
  5. 事業所税に関する措置の延長・廃止
  6. 居住用財産に関する様々な特例の適用創設・延長
  7. 特定口座内保管上場株式などの譲渡などに関する所得計算等特例の見直…
  8. 景観重要建造物の税金に関する新措置の創設
PAGE TOP