平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

農地保有を合理化する農地の譲渡に対する特別控除の見直し

農地の保有を合理化するなどを目的とする農地などの譲渡を行ったときの8,000,000円特別控除について、下記の措置が設けられます(法人税に関しても同様)。
(1)適用対象に、「農地中間管理事業の推進に関する法律」の定めによる農地中間管理機構に農用地区域内の農用地などの譲渡を行ったケースを入れます。
(2)適用対象に入る山林に関する土地の譲渡でその土地を得た人は、森林経営計画に対し、森林法施行規則改正を前提にし、改正されてからの認定基準に基づいて作成し、認定された人にします。

関連記事

  1. その他の資産課税に関する措置の延長
  2. 電気事業法の改正に伴う新措置の創設
  3. 地震防災対策用の償却資産の課税標準特別措置の適用期間延長
  4. 住宅資金融資の減税額の増額、最大400,000円に
  5. 公益法人への寄附に関する非課税の特例に新たな措置の創設
  6. 投資法人に関する課税特例・特定投資信託に関する受託法人の課税特例…
  7. 厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済組合制度の統合に伴う新措置…
  8. 納税猶予の申請に関する補正手続など
PAGE TOP