平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

復興特別法人税の1年前倒し廃止

復興特別法人税の課税期間が1年間前倒しをして、終了されます。
また、復興特別法人税の課税期間が終わってから、法人がそれぞれの事業年度の配当・利子等に賦課される復興特別所得税の額数は、それぞれの事業年度の配当・利子等に賦課される所得税の額数と足し合わせて、それぞれの事業年度の法人税の額数から差し引かれます。この時、復興特別所得税額で法人税額から控除しきれなかった残額があるときは、その額数は還付されます。
更に地方税では、復興特別法人税の課税期間が終わってから、法人がそれぞれ事業年度の配当・利子等に賦課される復興特別所得税額が法人税額から差し引かれることに対して、法人住民税に必要とされる措置が設けられます。

関連記事

  1. 退職所得課税の再検討
  2. 大法人の交際費課税の見直し
  3. その他国税の消費課税に関する見直し事項
  4. 試験研究をした時の法人税の額数の特別控除
  5. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
  6. 国内・国外間の有価証券移管に関する調書の提出
  7. 給与所得控除の再検討
  8. リゾート会員権売却損失、所得控除から除外に
PAGE TOP