平成24年度税制改正

特定支出控除の再検討

特定支出控除に関して、給与所得者に対する実額控除の機会の拡大を図る観点から、下記のように適用範囲が拡大されます。
1.適用範囲は、税理士・公認会計士・弁護士などの勤務必要経費(交際費・衣服費・図書費)、資格取得費が追加されます。
2.適用判定の基準が、給与所得控除額数の半分になります。(改正される前は、控除額の全額)
*所得税は2013年分から、住民税は2014年度分からの適用となります。

37

関連記事

  1. 沖縄の振興に関連した税制改正‐その他の見直し・拡充
  2. 退職所得課税の再検討
  3. 大法人の交際費課税の見直し
  4. 特定中小会社からの発行株式に関する特例の延長
  5. 国際戦略総合特区に関する税制上の措置
  6. 徴収共助に関する国内法の整備
  7. 投資法人に関する課税特例・特定投資信託に関する受託法人の課税特例…
  8. 沖縄の振興に関連した税制改正‐産業集積経済金融活性化特別地区の特…
PAGE TOP