平成24年度税制改正

特定支出控除の再検討

特定支出控除に関して、給与所得者に対する実額控除の機会の拡大を図る観点から、下記のように適用範囲が拡大されます。
1.適用範囲は、税理士・公認会計士・弁護士などの勤務必要経費(交際費・衣服費・図書費)、資格取得費が追加されます。
2.適用判定の基準が、給与所得控除額数の半分になります。(改正される前は、控除額の全額)
*所得税は2013年分から、住民税は2014年度分からの適用となります。

37

関連記事

  1. 法人の一般の土地譲渡益に対する追加課税制度に対する新措置の創設
  2. 青色申告書の提出をやめた時の一部準備金制度による準備金の取崩し方…
  3. 特定中小会社からの発行株式に関する特例の延長
  4. 中小企業などの欠損金の繰り戻し還付制度
  5. 徴収共助に関する国内法の整備
  6. 会社法の改正による各種整備
  7. 財政力の弱い自治体への地方法人税の再分配の見直し
  8. 中小企業など協同組合法の一部改正よる一定措置の創設
PAGE TOP