平成25年度税制改正

所得拡大促進税制

  • 個人の所得の拡大を促進するという目的から、企業の労働分配が促進される所得拡大促進税制が設けられます。
  • 詳しくは、基準の年度と比べて5パーセント以上、給与などの支給額が増加させた時、当該の支給増加額の1割が税額控除(中小企業などは2割。法人税の額数が基準)できる制度です。
  • *2013年4月1日~2016年3月31日までの期間内に始まる事業年度からの適用となります。

    雇用促進制度との選択適用になります。

    要件

    :下記の要件を全て満足させていること。
    (1)給与などの支給額が前年の事業年度を下回っていないこと
    (2)平均の給与など支給額数が前年の事業年度を下回っていないこと
    (3)基準年度と比べて給与など支給額が5パーセント以上増加
    *基準年度:2013年4月1日から最初に始まる事業年度のすぐ前の事業年度
    60

    関連記事

    1. その他の租税特別措置など
    2. 沖縄の振興に関連した税制改正‐観光地形成促進地域の特定民間観光関…
    3. 青色申告書の提出をやめた時の一部準備金制度による準備金の取崩し方…
    4. エネルギーの需給構造改革推進設備などに対する即時償却制度
    5. その他法人税に対する延長事項
    6. 法人住民税法人税割税率の改正
    7. 事業承継税制の再検討
    8. 研究開発税制が拡充
    PAGE TOP