個人所得課税

給与所得控除の再検討

給与所得控除の制度に関して、給与所得者に対する必要経費がその収入によって必ずしも増えるとは思えないこと、なお、主要国も上限・定額があることなどから、給与の収入が1千5百万円を超過する時に上限の設定(2,450,000円)がされます。
*所得税は2013年度分から、住民税は2014年度分からの適用となります。

36

改正される前の給与所得控除額の例え

給与収入金額
~1,625,000円
5,000,000円
10,000,000円
15,000,000円
20,000,000円
25,000,000円
30,000,000円
給与所得控除金額
650,000円
1,540,000円
22,000,000円
24,500,000円
27,000,000円
29,500,000円
32,000,000円

関連記事

  1. 過大支払利子制度‐関連者の間の利子で租税を回避するケースの対応‐…
  2. 所得税の予定納税制に新措置の創設
  3. 試験研究をした時の法人税の額数の特別控除
  4. 退職所得課税の再検討
  5. 厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済組合制度の統合に伴う新措置…
  6. 住宅税制
  7. 国民健康封建に対する税制改正
  8. 地方公務員共済、国家公務員共済、私立学校教職員共済への新措置
PAGE TOP