個人所得課税

予防接種法の健康被害救済給付に対して新措置の創設

新たなワクチンが追加後の予防接種法の健康被害救済給付に対し、必要な法令の改正を前提に、継続して下記の措置が設けられます。
(1)所得税が賦課されないこととなります。
(2)国税の滞納処分による差押えが禁じられます。
(3)遺族年金を受けている遺族(妻だけ)や障害年金を受けている人を障害人などに対する少額貯蓄非課税制度の対象人に含めます。

関連記事

  1. 個人の債務に関する経済的利益の所得額数計算の見直し
  2. 国内航空機や空港に関する新措置の延長
  3. 国際戦略総合特別区域での特別控除制度の適用延長
  4. 所得税の予定納税制に新措置の創設
  5. 居住用財産に関する様々な特例の適用創設・延長
  6. 民間設備投資額の減税率を拡大
  7. 復興支援が目的である税制上の措置
  8. 住宅ローンの減税の延長と拡充
PAGE TOP