平成25年度税制改正

サービス業・商業・農林水産業を経営する中小企業者等の支援措置

地域の経済を支えている中小企業の活性化を促進するために、サービス業・商業・農林水産業を経営する中小企業などが経営の改善を目的として行われる店舗改修などの設備投資をした時、3割の特別償却・7パーセントの税額控除(限度:法人税の額数の2割)が可能になる制度が設けられます。
*2013年4月1日~2015年3月31日までの期間内に対象の設備の取得等を行って指定事業の取得等をして指定の事業に使用した時の適用となります。

62

関連記事

  1. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
  2. 企業再生税制に対する新措置の創設
  3. 「ひとりオーナー会社課税制度」を廃止
  4. 金融所得課税の一体化と日本版ISAの創設を拡充
  5. 復興の支援のための税制上の措置
  6. 所得拡大促進税制の条件の緩和
  7. 法人の一般の土地譲渡益に対する追加課税制度に対する新措置の創設
  8. 民間設備投資額の減税率を拡大
PAGE TOP