平成21年度税制改正

エネルギーの需給構造改革推進設備などに対する即時償却制度

エネルギーの需給構造改革推進設備などを、2009年4月1日~2011年3月31日までの期間内に取得などを行う場合は、事業用として使用した事業年度に、全ての取得価額を償却することができます。

<エネルギーの需給構造改革推進設備の例え>
高断熱窓設備、天然ガス自動車、太陽光発電設備 など
005

関連記事

  1. 沖縄の振興に関連した税制改正‐産業集積経済金融活性化特別地区の特…
  2. 欠損金の繰越控除制度の再検討
  3. 会社法の改正による各種整備
  4. 外国子会社配当益金不算入制度
  5. 環境関連投資促進制度を拡充
  6. 特定資産の買換えの場合の課税特例に対する見直し
  7. 国際戦略総合特別区域での特別控除制度の適用延長
  8. 企業再生税制に対する新措置の創設
PAGE TOP