平成21年度税制改正

エネルギーの需給構造改革推進設備などに対する即時償却制度

エネルギーの需給構造改革推進設備などを、2009年4月1日~2011年3月31日までの期間内に取得などを行う場合は、事業用として使用した事業年度に、全ての取得価額を償却することができます。

<エネルギーの需給構造改革推進設備の例え>
高断熱窓設備、天然ガス自動車、太陽光発電設備 など
005

関連記事

  1. 退職年金など積立金に関する法人税の課税対象の拡大
  2. 住宅のリフォームに関する税額控除制度
  3. 法人住民税法人税割税率の改正
  4. 復興特別法人税の1年前倒し廃止
  5. 2009年~2010年に不動産の先行収得をした時の課税特例
  6. 土地の売買などに関する登録免許税の軽減税率の据置き
  7. 「ひとりオーナー会社課税制度」を廃止
  8. 大法人の交際費課税の見直し
PAGE TOP