平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

会社法の改正による各種整備

≪1≫みなし配当の額数が発生する事由の一つである自己株式の取得の範囲から、株式の併合に反対する株主からの併合で端数となる株式の買取請求に伴う取得が除かれることとなります(所得税に対しても同様)。
≪2≫損金算入される役員への利益連動給与の決定の手続に関する要件に対し、監査等委員会設置会社では、取締役会の決議の際に過半数の監査委員がその決議に賛成していることになります。
≪3≫使用人兼務役員にされない役員の範囲に、監査等委員会の委員になる取締役が追加されます。

関連記事

  1. 民間設備投資額の減税率を拡大
  2. 不動産取得税に関する新措置の適用期限の延長・廃止
  3. その他法人税に対する延長事項
  4. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
  5. 資本に関わる取引などに対する税制の再検討
  6. 特定資産の買換えの場合の課税特例に対する見直し
  7. 不動産譲渡に関する特例に新措置を創設
  8. 退職年金など積立金に関する法人税の課税対象の拡大
PAGE TOP