平成25年度税制改正

研究開発税制が拡充

  • 企業のイノベーションの促進を行うことから、研究開発税制の拡充が行われます。
  • 詳しくは、2年間の時限措置として、税額の控除上限額が法人税額の2割から3割に引きあがると同時に、オープンイノベーションの促進を行うという目的から、特別試験研究費の範囲が拡大されます。
  • 改正前の制度の概要
  • 法人が試験研究をした時に、試験研究費の総計の8~10パーセント(特別試験研究費:12パーセント)の税額控除(限度:当該の法人税の額数の2割)が可能です。
    59

    関連記事

    1. 復興特別法人税の1年前倒し廃止
    2. 民間設備投資額の減税率を拡大
    3. 国家戦略特区内の機械購入、税優遇策の対象に
    4. ベンチャー投資などに対する後押し
    5. 延滞税などの再検討
    6. 復興の支援のための税制上の措置
    7. 大法人の交際費課税の見直し
    8. 退職年金など積立金に関する法人税の課税対象の拡大
    PAGE TOP