平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

地域経済の活性化のための税制措置

特定再開発建築物などの割増償却制度に対して、中心市街地の活性化に関する法律の改正を受け、同法の認定特定民間中心市街地交流拠点緊急整備事業計画に関する商業施設などでこの法の認定特定民間中心市街地交流拠点緊急整備事業者が取得などを行うものに対し、5年間30パーセントの割増償却が適用できる措置が追加されます。
なお、特定資産の買換えのケースなどの課税特例に対し、都市再生特別措置法が改正されることを受け、都市機能誘導区域以外の地域内の土地など、構築物、建物などから都市機能誘導区域内に位置する建築物、機械措置、土地など、建物などで、認定区域整備事業計画に記された誘導施設で行われる事業用に使うものへの買換えが適用対象に含まれます。

関連記事

  1. 財形住宅貯蓄に対する非課税制度の見直し
  2. 国税不服申立制度の再検討
  3. 国際戦略総合特区に関する税制上の措置
  4. 復興支援が目的である税制上の措置
  5. 中小企業などの欠損金の繰り戻し還付制度
  6. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
  7. 換価の猶予の特例の創設
  8. 退職年金など積立金に関する法人税の課税対象の拡大
PAGE TOP