平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

企業再生税制に対する新措置の創設

≪1≫株式会社地域経済活性化支援機構が自らの準則に基づいて策定した債務処理に対する計画によって債権者の間の調整などだけを行って、ふたつ以上の金融機関などで債務が免除された時に関しても企業再生税制の適用の対象に含まれます。
≪2≫中小企業者の事業再生に同伴して特定組合財産に関する債務免除などがある時の評価損益などの特例に対し、特定投資事業有限責任組合の財産の債権の債務者に関する債務処理の計画の策定を行う時、従わなければならない準則の範囲に株式会社地域経済活性化支援機構の準則が追加されます。

関連記事

  1. 環境関連投資促進制度を拡充
  2. 車体に対する消費税の再検討
  3. 既存建築物に対する耐震改修投資を促すための税制措置
  4. 一時金に対する相続税の非課税対象の拡大
  5. リニア新幹線の建設支援、用地取得税が非課税に
  6. 公社債・公社債投資信託の利子の調書提出の拡大
  7. 復興支援が目的である税制上の措置
  8. 地方税の軽自動車税に関する消費税の再検討
PAGE TOP