平成23年度税制改正

減価償却資産の償却率の再検討

定率法に対する償却率に関して、定額法の償却率(1÷耐用年数)を2倍(改正前は2.5倍)にした数にします。
*2012年4月1日から取得を行う資産から適用対象―2012年4月1日をまたいだ事業年度では、同日から事業年度の終わる日までの期間中に減価償却資産の取得を行った時は、現行の償却率で償却ができるようになるなどの経過措置が設けられている―になります。

償却限度額

*定額法
:定額法の償却率X取得の価額
*定率法
:定率法の償却率X未償却残額
        (=期首帳簿価額)

改正前の定率法の償却率
=2.5X定額法の償却率
改正後の定率法の償却率
=2.0
X定額法の償却率

 

関連記事

  1. 研究開発税制が拡充
  2. 益税の縮小のための簡易課税制度の見直し
  3. 国際戦略総合特区に関する税制上の措置
  4. 特定支出控除の再検討
  5. 農地などの相続税の納税猶予制度の整備
  6. 資産生産性向上促進税制
  7. 経営改革の後押し…収益力の向上が目標
  8. 特定資産の買換えの場合の課税特例に対する見直し
PAGE TOP