平成25年度税制改正

生産などの設備投資促進税制

生産等の設備の更新の促進をしてその生産性の向上を目的にすると同時に、日本内の設備投資の需要を喚起することから、生産など設備投資促進税制が設けられます。
詳しくは、
(1)日本内の生産など設備に関する年間の総投資額数が減価償却費を超過すると同時に、
(2)日本内の生産など設備に関する年間の総投資額数が前の年度と比べて1割を超過
した事業年度に、新しく日本内で取得などがされた装置や機械等に関して、3割の特別償却や3%の税額控除(限度額は法人税額の2割)が可能となる制度が設けられます。
*2013年4月1日~2015年3月31日までの期間内に始まるそれぞれの事業年度に対して適用されます。

*生産など設備:対象の法人の製造業等の事業用に直接使用される減価償却資産のことで更正されるものです。また、本店や寄宿舎等の建物や乗用自動車、事務用器具備品、福利厚生施設などは当てはまりません。
57

関連記事

  1. 大法人の交際費課税の見直し
  2. 財政力の弱い自治体への地方法人税の再分配の見直し
  3. 事業承継税制の再検討
  4. 延滞税などの再検討
  5. 益税の縮小のための簡易課税制度の見直し
  6. 領収書に関する印紙税の免税点の引き上げ・不動産譲渡契約書などに関…
  7. 復興支援を目的とする税制上の措置
  8. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
PAGE TOP