個人所得課税

土地の売買などに関する登録免許税の軽減税率の据置き

土地を売買することで、土地所有権の信託の登記や所有権の移転登記の登録免許税に関する軽減税率を、2年の間据え置くことになりました。
登記の種類 本則 特例
(~2009.3.31) (~2010.3.31) (~2011.3.31) (~2012.3.31) (~2013.3.31)
土地の売買による
所有権の移転
2.0% →改正前→ 1.0% 1.3% 1.5%    
→改正後→ 1.0% 1.0% 1.0% 1.3% 1.5%
土地の所有権の
信託
0.4% →改正前→ 0.2% 0.25% 0.3%    
→改正後→ 0.2% 0.2% 0.2% 0.25% 0.3%
住宅用の家屋の売買などに関する登録免許税の軽減措置は、その適用期限が2年間延長されました。

関連記事

  1. 予防接種法の健康被害救済給付に対して新措置の創設
  2. 中小企業などに対する軽減税率を引き下げることに
  3. 給与所得控除の再検討
  4. 支払調書に対する見直し
  5. 公益法人への寄附に関する非課税の特例に新たな措置の創設
  6. 住宅のリフォームに関する税額控除制度
  7. その他の個人所得に関する税制改正
  8. 扶養控除の再検討
PAGE TOP