個人所得課税

土地の売買などに関する登録免許税の軽減税率の据置き

土地を売買することで、土地所有権の信託の登記や所有権の移転登記の登録免許税に関する軽減税率を、2年の間据え置くことになりました。
登記の種類 本則 特例
(~2009.3.31) (~2010.3.31) (~2011.3.31) (~2012.3.31) (~2013.3.31)
土地の売買による
所有権の移転
2.0% →改正前→ 1.0% 1.3% 1.5%    
→改正後→ 1.0% 1.0% 1.0% 1.3% 1.5%
土地の所有権の
信託
0.4% →改正前→ 0.2% 0.25% 0.3%    
→改正後→ 0.2% 0.2% 0.2% 0.25% 0.3%
住宅用の家屋の売買などに関する登録免許税の軽減措置は、その適用期限が2年間延長されました。

関連記事

  1. 難病医療・児童福祉法の定めによる医療に対する新措置の創設
  2. 個人の債務に関する経済的利益の所得額数計算の見直し
  3. その他の個人所得に関する税制改正(地方税)
  4. 非課税口座にある少額上場株式などに関する譲渡所得・配当所得の非課…
  5. 事業承継制度 (2)贈与税の納税の猶予
  6. リゾート会員権売却損失、所得控除から除外に
  7. 厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済組合制度の統合に伴う新措置…
  8. 住宅ローンの減税の延長と拡充
PAGE TOP