その他の税制

環境対応自動車に対する税金の軽減

一定の燃費性能・排ガス性能を装備した自動車に関して、2009年度~2011年度までの期間内に行われる最初の新規と継続車検などの時に、自動車重量税が減免されます。

*一定の燃費性能・排ガス性能を装備した自動車を2009年~2011年までの期間内に買った時は、併行して、自動車取得税の免除がされます。

≪車両価格:2,000,000円、重量が1.3tである新車を買う時の自動車取得税・自動車重量税の負担額数≫

1.一般自動車の場合

:146,700円

2.ハイブリッド車などの場合

:0円(一般自動車と比較して146,700円の軽減)

3.環境性能の優れた自動車の場合

(1)税額の75パーセントが軽減される燃費性能の車:36,600円(一般自動車と比較して110,100円の軽減)
(2)税額の5割が軽減される燃費性能の車:73,300円(一般自動車と比較して73,400円の軽減)

関連記事

  1. 2009年~2010年に不動産の先行収得をした時の課税特例
  2. 税務調査の手続きを分かりやすく
  3. 土地の売買などに関する登録免許税の軽減税率の据置き
  4. 地方税の自動車取得税に関する消費税の再検討
  5. 税制抜本改革の基本的方向性と道筋
  6. 税理士制度の再検討
  7. 本人確認書類提出の簡略化
  8. 事業承継制度 (1)相続税の納税猶予
PAGE TOP