国際課税

外国子会社配当益金不算入制度

現行の間接外国税額控除制度を廃止することにして、日本内の法人が外国子会社からもらう配当などの額数に関して、その日本内の法人のそれぞれの事業年度の所得の額数を計算し、益金算入しないことにする制度が、2009年の税制改正で導入されます。

*この制度の対象に含まれる外国子会社は、日本内の法人の持株割合が1/4(税制条約で違ってくる割合が決まっていたら、その割合)以上であると同時に、保有している期間が6カ月以上になる外国法人です。
なお、外国子会社からもあう配当などの額数からその5パーセント相当の額数を、その配当などの額数に関する費用にして控除します。この時、配当などの額数の95パーセント相当の額数は益金不算入とします。

関連記事

  1. PE帰属所得の計算
  2. 200年住宅に関する税額控除制度
  3. 上場株式などの譲渡益や配当に対する変化について
  4. 移転価格税制の再検討
  5. 中小企業などに対する軽減税率を引き下げることに
  6. 外国子会社合算制度の再検討
  7. 関税に対する変更事項
  8. 農地などの相続税の納税猶予制度の整備
PAGE TOP