個人所得課税

2009年~2010年に不動産の先行収得をした時の課税特例

法人や個人事業者が、2009年~2010年に不動産の取得を行い、この特例の適用をするという内容の届出書を出している時は、その取得日の属する事業年度が終わる日から10年以内に、他の所有不動産等を譲渡した際の譲渡益の80%(取得を2010年に行った不動産のみをこの特例の適用対象に入れるときは、60&)相当の額数が限度になって、圧縮記帳、すなわち課税の繰延べができることになる特例が設置されました。

004

関連記事

  1. 延長される所得税の特例事項
  2. 住宅税制
  3. 地方公務員共済、国家公務員共済、私立学校教職員共済への新措置
  4. 確定申告不要制度に新措置の創設
  5. 厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済組合制度の統合に伴う新措置…
  6. 住宅ローンの減税の延長と拡充
  7. その他の改正内容
  8. 東日本大震災に関する財産損失の特例の新設
PAGE TOP