個人所得課税

給与所得控除の再検討

給与所得控除の上限を下げることにします。下記のようになります。

現行 2016年分お所得税 2017年分からの所得税
上限額数が適用される場合 15,000,000 12,000,000 10,000,000
給与所得控除の上限 2,450,000 2,300,000 2,200,000

その他、この引き下げと同時に、賞与に関する源泉徴収税額の算出率の表、特定支出控除の適用判定の基準となる控除額、年末調整などのための給与所得控除後の給与などの金額の表、給与所得の源泉徴収税額表などに対し所要の措置を設けることになります。

関連記事

  1. 復興特別法人税の1年前倒し廃止
  2. その他の国際課税原則の再検討事項
  3. 外国人旅行客、消費税の免除対象を拡大
  4. 公害防止用設備の固定資産税の課税標準措置の適用期間が延長
  5. 投資法人に関する課税特例・特定投資信託に関する受託法人の課税特例…
  6. 非課税口座にある少額上場株式などに関する譲渡所得・配当所得の非課…
  7. 住宅税制
  8. 国家戦略特区内の機械購入、税優遇策の対象に
PAGE TOP