個人所得課税

給与所得控除の再検討

給与所得控除の上限を下げることにします。下記のようになります。

現行 2016年分お所得税 2017年分からの所得税
上限額数が適用される場合 15,000,000 12,000,000 10,000,000
給与所得控除の上限 2,450,000 2,300,000 2,200,000

その他、この引き下げと同時に、賞与に関する源泉徴収税額の算出率の表、特定支出控除の適用判定の基準となる控除額、年末調整などのための給与所得控除後の給与などの金額の表、給与所得の源泉徴収税額表などに対し所要の措置を設けることになります。

関連記事

  1. 財形住宅貯蓄に対する非課税制度の見直し
  2. 所得税に対する最高税率の再検討
  3. 調書に対する新措置の創設
  4. 地方税の軽自動車税に関する消費税の再検討
  5. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
  6. その他の資産課税に関する措置の延長
  7. 大法人の交際費課税の見直し
  8. 税理士制度の再検討(2)
PAGE TOP