個人所得課税

確定申告不要制度に新措置の創設

公的年金などに関する確定申告不要制度などに対して、下記の措置が設けられます。
(1)公的年金などに関する確定申告不要制度に対し、源泉徴収の対象に含まれない公的年金などの支給をもらう人はこの制度が適用できなくなります。
(2)2人以上の居住人の扶養親族・控除対象配偶人に当たる人をどちらかの居住人の扶養親族・控除対象配偶人に当たるかの判定の基準になる申告書などの範囲に、公的年金などを受給する人の扶養親族など申告書が追加されます。
※上記(1)の改正は、平成27年分からの所得税に対して適用され、上記(2)の改正は、平成26年分からの所得税に対して適用されます。

関連記事

  1. 沖縄の振興に関連した税制改正‐産業集積経済金融活性化特別地区制度…
  2. 法人住民税法人税割税率の改正
  3. 所得拡大促進税制の条件の緩和
  4. その他国際課税に関する変更事項
  5. 延長される所得税の特例事項
  6. 登録免許税に関する租税特別措置などの創設
  7. 中小企業など協同組合法の一部改正よる一定措置の創設
  8. 農地に関する新措置の創設
PAGE TOP