個人所得課税

確定申告不要制度に新措置の創設

公的年金などに関する確定申告不要制度などに対して、下記の措置が設けられます。
(1)公的年金などに関する確定申告不要制度に対し、源泉徴収の対象に含まれない公的年金などの支給をもらう人はこの制度が適用できなくなります。
(2)2人以上の居住人の扶養親族・控除対象配偶人に当たる人をどちらかの居住人の扶養親族・控除対象配偶人に当たるかの判定の基準になる申告書などの範囲に、公的年金などを受給する人の扶養親族など申告書が追加されます。
※上記(1)の改正は、平成27年分からの所得税に対して適用され、上記(2)の改正は、平成26年分からの所得税に対して適用されます。

関連記事

  1. ベンチャー投資などに対する後押し
  2. 国家戦略特区内の機械購入、税優遇策の対象に
  3. 復興支援を目的とする消費課税に新措置を創設
  4. 大法人の交際費課税の見直し
  5. 農地の相続税などに関する租税特別措置などの延長・拡充
  6. 200年住宅に関する税額控除制度
  7. 国税不服申立制度の再検討
  8. 個人の債務に関する経済的利益の所得額数計算の見直し
PAGE TOP