国際課税

移転価格税制の再検討

移転価格税制に関わる国際的な指針、すなわちOECD移転価格ガイドラインが再検討されることを考慮して、独立企業の間の価格の算定方法に関する優先順位の再検討を行って、それぞれの事業に対して一番妥当な方法の選定をする仕組みに改正されます。

法人の2011年10月1日から始まる事業年度から適用されることとなります。

関連記事

  1. 外国子会社合算制度の再検討
  2. 上場株式などの配当・譲渡益の課税
  3. 航空機燃料税の引き下げ
  4. 消費税の仕入れ税額控除に対する「95%ルール」の再検討
  5. 取得税の税額控除制度
  6. 更正の請求期間を延長
  7. 年金所得者に関する申告負担を軽減
  8. 総合主義から帰属主義への変更
PAGE TOP