国際課税

PE帰属所得の計算

PE帰属所得は、外国法人の恒久的施設(PE)が本店などから独立・分離された企業であると擬制した時に当該のPEに帰属させなければならない所得と定義づけるようになりました。

≪1≫内部取引

PE帰属所得が計算される時は、外国法人のPEと本店などとの間の内部取引に対し、移転価格税制と同じく、独立企業間価格に従う損益が認識されます。

≪2≫PEへの資本の配賦・PEの支払利子控除制限

外国法人の恒久的施設(PE)が本店などから独立・分離された企業であると擬制した時に帰属させなければならない「PE帰属資本」がPEに配賦されます。なお、外国法人のPEの自己資本に相当する額数がPE帰属資本の額数未満になる時は、外国法人のPEに対する支払利子総額の中から、その未満の部分に対する金額に関して、PE帰属所得の計算を行う時、損金算入がされなくなります。

関連記事

  1. 準備金の取り崩し方法の見直し
  2. 復興特別法人税の1年前倒し廃止
  3. その他の国税の納税環境整備に関する変更事項
  4. 民間設備投資額の減税率を拡大
  5. 厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済組合制度の統合に伴う新措置…
  6. 農地の相続税などに関する租税特別措置などの延長・拡充
  7. 難病医療・児童福祉法の定めによる医療に対する新措置の創設
  8. 公認会計士に関する資格付与の再検討
PAGE TOP