国際課税

PE帰属所得の計算

PE帰属所得は、外国法人の恒久的施設(PE)が本店などから独立・分離された企業であると擬制した時に当該のPEに帰属させなければならない所得と定義づけるようになりました。

≪1≫内部取引

PE帰属所得が計算される時は、外国法人のPEと本店などとの間の内部取引に対し、移転価格税制と同じく、独立企業間価格に従う損益が認識されます。

≪2≫PEへの資本の配賦・PEの支払利子控除制限

外国法人の恒久的施設(PE)が本店などから独立・分離された企業であると擬制した時に帰属させなければならない「PE帰属資本」がPEに配賦されます。なお、外国法人のPEの自己資本に相当する額数がPE帰属資本の額数未満になる時は、外国法人のPEに対する支払利子総額の中から、その未満の部分に対する金額に関して、PE帰属所得の計算を行う時、損金算入がされなくなります。

関連記事

  1. 特定資産の買換えの場合の課税特例に対する見直し
  2. その他の固定資産税・都市計画税に関する新措置
  3. 外国子会社合算制度の再検討
  4. 相続財産に対する譲渡所得課税に新措置の創設
  5. 国内航空機や空港に関する新措置の延長
  6. 調書に対する新措置の創設
  7. リゾート会員権売却損失、所得控除から除外に
  8. 復興支援を目的とする消費課税に新措置を創設
PAGE TOP