国際課税

情報交換に対する国内法の整備

最近、金融危機などの理由で、いわゆるタックスヘイブンへの不透明資金の流れが国際的に問題視される中、G20首脳会合やG8首脳会合などの国際会議で、国際的な租税回避の防止の目的として、当局間に正確な課税の確保に要する情報交換の重要性が明確になってきています。
この中、積極的にそれぞれの国に租税条約などが締結される動きが速まっていて、日本としても、行政取極・租税条約の締結によって情報交換ネットワークを速やかに拡充すると同時に、従前より効率的で円滑な情報の交換をするため、根拠規定(国内法)が整備されることになりました。

関連記事

  1. 資本に関わる取引などに対する税制の再検討
  2. 徴収共助に関する国内法の整備
  3. 非居住者などがもらう振替公社債の利子などの非課税制度の拡充
  4. その他国際課税に関する変更事項
  5. 租税特別措置の再検討
  6. 認定NPO法人に関する措置の再検討
  7. 租税罰則の再検討
  8. 「ひとりオーナー会社課税制度」を廃止
PAGE TOP