平成23年度税制改正

欠損金の繰越控除制度の再検討

繰越の期間が9年(改正前は7年)に延びられ、欠損金の控除の限度額が所得金額の80%になります。
欠損金が生じた年度の帳簿書類の保存が要件となります。また、欠損金の更正が可能な期間も9年になります。
2008年4月1日の後から終わる事業年度に発生した欠損金に関して適用されます。
*中小企業などは、現在の控除の限度額(=所得額の全額)が存置されます。

30

関連記事

  1. 「ひとりオーナー会社課税制度」を廃止
  2. 所得拡大促進税制
  3. 公益法人などの収益事業に対する課税の再検討
  4. 貸倒引当金制度の再検討
  5. 法人住民税法人税割税率の改正
  6. 国家戦略特区に対する新措置の創設
  7. 特定基金に関する負担金などの損金算入特例の縮減
  8. 地方法人税の創設
PAGE TOP