その他の税制

消費税の免税事業者になる要件の再検討

上半期で課税売上高が10,000,000円を超過する時は、その次の期から課税事業者となるように免税事業者の要件に対して再検討が行われます。しかし、課税売上高の代わりに支払給与の額数で判断することも可能になります。
2013年1月1日から始まる年・事業年度から適用対象になります。

34

関連記事

  1. 欠損金の繰越控除制度の再検討
  2. 消費税の仕入れ税額控除に対する「95%ルール」の再検討
  3. 貸倒引当金制度の再検討
  4. 環境対応自動車に対する税金の軽減
  5. 処分の理由附記
  6. 外国税額控除制度を適正に
  7. 2013年度の税制改正(内国税関係)に基づいた増減収見込額数
  8. 認定NPO法人制度の再検討
PAGE TOP