その他の税制

消費税の免税事業者になる要件の再検討

上半期で課税売上高が10,000,000円を超過する時は、その次の期から課税事業者となるように免税事業者の要件に対して再検討が行われます。しかし、課税売上高の代わりに支払給与の額数で判断することも可能になります。
2013年1月1日から始まる年・事業年度から適用対象になります。

34

関連記事

  1. 国際戦略総合特区に関する税制上の措置
  2. 認定NPO法人制度の再検討
  3. 移転価格税制の再検討
  4. 納税の猶予・換価の猶予の再整備
  5. 国税不服申立制度の再検討
  6. その他国税の消費課税に関する見直し事項
  7. 沖縄に関する税制
  8. 租税の透明化法に関して
PAGE TOP