その他の税制

税制改革の視点

● 納税者の立場から考えて、常に「納得・透明・公平」の三原則を基本にします。
● 必要費用を「支え合い」のために分かち合うということを大事にします。
● 社会保障制度改革と税制改革を一体から考え、その改革を進めます。
● グローバル化に応じられる税制の方式を考えます。
● 地域の主権を確かめるような税制の構築を行っていきます。 

関連記事

  1. 租税罰則の再検討
  2. 税制抜本改革の基本的方向性と道筋
  3. 定期金に関わる権利の評価方法などの再検討
  4. 2009年度の税制改正に基づいた増減収見込額数
  5. 年金所得者に関する申告負担を軽減
  6. 租税罰則の再検討
  7. 所得税の寄付金控除に対する適用下限額数の引き下げ
  8. 認定NPO法人制度の再検討
PAGE TOP