その他の税制

税制改革の視点

● 納税者の立場から考えて、常に「納得・透明・公平」の三原則を基本にします。
● 必要費用を「支え合い」のために分かち合うということを大事にします。
● 社会保障制度改革と税制改革を一体から考え、その改革を進めます。
● グローバル化に応じられる税制の方式を考えます。
● 地域の主権を確かめるような税制の構築を行っていきます。 

関連記事

  1. 税制抜本改革の基本的方向性と道筋
  2. 租税罰則の再検討
  3. 地方税不服申立制度の再検討
  4. 更正の請求期間を延長
  5. 消費税の仕入れ税額控除に対する「95%ルール」の再検討
  6. その他国税の消費課税に関する見直し事項
  7. 揮発油税などの暫定税率
  8. 復興支援を目的とする消費課税に新措置を創設
PAGE TOP