平成23年度税制改正

法人税率の引き下げ

法人税の率が30パーセントから25.5パーセントに、4.5パーセントの引き下げが行われます。これで、国税・地方税を合算した法人実効税率が5パーセント引き下がることになります。(40.69パーセント→35.64パーセント)
中小法人に関する軽減税率も18パーセントから15パーセントに、3パーセントの引き下げが行われます。

*2012年4月1日から始まる事業年度から適用されます。

 
 
*2012年度からの3年の間は、基準法人税額の1割の復興特別法人税の課税が行われます。

改正前

年800万円以下
改正後

年800万円以下
普通法人 30パーセント  ‐  25.5パーセント  ‐ 
中小法人 30パーセント 22パーセント
(18パーセント)
25.5パーセント 19パーセント
(15パーセント)
協同組合や公益法人など(単体)
特定の医療法人(単体)
22パーセント (18パーセント) 19パーセント (15パーセント)
協同組合等(連結)
特定の医療法人(連結)
23パーセント (19パーセント) 20パーセント (16パーセント)
特定の協同組合などの
特例税率(年10億円超過)
26パーセント 22パーセント

≪参考≫
東京都の法人実効税率(国税+地方税)」 :40.69パーセント → 35.64パーセント

*中小法人の場合は、一般社団法人などと人格のない社団などが含まれます。
*「改正前」・「改正後」欄の()内の税率は、租税特別措置の軽減税率の特例からのものです。また、「改正後」欄の()内の税率は、2015年3月31日までの期間内に始まる事業年度に適用されます。

28

関連記事

  1. その他法人税に対する延長事項
  2. 青色申告書の提出をやめた時の一部準備金制度による準備金の取崩し方…
  3. 沖縄の振興に関連した税制改正‐観光地形成促進地域の特定民間観光関…
  4. 認定NPO法人制度の再検討
  5. 国際戦略総合特別区域での特別控除制度の適用延長
  6. エネルギーの需給構造改革推進設備などに対する即時償却制度
  7. 民間投資と消費の拡大
  8. 消費税の免税事業者になる要件の再検討
PAGE TOP