個人所得課税

生命保険料控除の改組

生命保険料の控除が改組され、それぞれの保険料控除の合計適用限度額が現在のの100,000円から120,000円に引き上げられました。

1.2012年1月1日から締結された保険契約など(新契約)に関する生命保険料控除
介護医療保険料控除を新たに設置して、介護医療保険料控除、一般生命保険料控除、個人年金保険料控除の各適用限度額が40,000円となります(これによって、控除の合計適用限度の額数が120,000円に引き上げられます)。
2.2013年12月31日の前に締結された保険契約など(旧契約)に関する生命保険料控除
:これまでと同じく個人年金保険料控除と一般生命保険料控除が(各適用限度の額数:50,000円)を適用されます。

015

関連記事

  1. リゾート会員権売却損失、所得控除から除外に
  2. 認定NPO法人に関する措置の再検討
  3. 難病医療・児童福祉法の定めによる医療に対する新措置の創設
  4. 厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済組合制度の統合に伴う新措置…
  5. 住宅ローンの減税の延長と拡充
  6. 2009年・2010年に取得した不動産の長期譲渡所得の1千万円特…
  7. 子供・子育て支援法の裁定による新措置の創設
  8. 租税特別措置の再検討
PAGE TOP