個人所得課税

生命保険料控除の改組

生命保険料の控除が改組され、それぞれの保険料控除の合計適用限度額が現在のの100,000円から120,000円に引き上げられました。

1.2012年1月1日から締結された保険契約など(新契約)に関する生命保険料控除
介護医療保険料控除を新たに設置して、介護医療保険料控除、一般生命保険料控除、個人年金保険料控除の各適用限度額が40,000円となります(これによって、控除の合計適用限度の額数が120,000円に引き上げられます)。
2.2013年12月31日の前に締結された保険契約など(旧契約)に関する生命保険料控除
:これまでと同じく個人年金保険料控除と一般生命保険料控除が(各適用限度の額数:50,000円)を適用されます。

015

関連記事

  1. 予防接種法の健康被害救済給付に対して新措置の創設
  2. 自動車重量税に関する改正の概要
  3. 2009年~2010年に不動産の先行収得をした時の課税特例
  4. 租税特別措置の再検討
  5. 所得税の予定納税制に新措置の創設
  6. 金融所得課税の一体化と日本版ISAの創設を拡充
  7. 情報交換に対する国内法の整備
  8. 復興の支援のための税制上の措置
PAGE TOP