個人所得課税

生命保険料控除の改組

生命保険料の控除が改組され、それぞれの保険料控除の合計適用限度額が現在のの100,000円から120,000円に引き上げられました。

1.2012年1月1日から締結された保険契約など(新契約)に関する生命保険料控除
介護医療保険料控除を新たに設置して、介護医療保険料控除、一般生命保険料控除、個人年金保険料控除の各適用限度額が40,000円となります(これによって、控除の合計適用限度の額数が120,000円に引き上げられます)。
2.2013年12月31日の前に締結された保険契約など(旧契約)に関する生命保険料控除
:これまでと同じく個人年金保険料控除と一般生命保険料控除が(各適用限度の額数:50,000円)を適用されます。

015

関連記事

  1. 児童扶養手当に対する新措置の創設
  2. 租税罰則の再検討
  3. 基金の負担金などに対する必要経費算入特例の範囲の見直し
  4. 租税の透明化法に関して
  5. 住宅税制
  6. 揮発油税などの暫定税率
  7. 非課税口座にある少額上場株式などに関する譲渡所得・配当所得の非課…
  8. 地方公務員共済、国家公務員共済、私立学校教職員共済への新措置
PAGE TOP