その他の税制

認定NPO法人に関する措置の再検討

認定NPO法人制度に関して、申請書類と認定の手続きの簡素化が行われました。
国税庁から行われるNPO法人(特定非営利活動法人)の認定審査に関して、2回目からの認定は、書面による審査で行うことを原則とし、その適正性を確保することに対しては、事後の実地の確認をします。認定の手続きの簡素化は併行して図られることから、下記の4つの再検討項目が行われます。

1.認定NPO法人のそれぞれの事業年度の報告書類など・申請書の添付書類などの簡素化

2.NPO法人の認定申請の標準処理の期間(6月)を定め、この事項を国税庁のホームページで公表

3.NPO法人の認定の申請相談窓口をのそれぞれの都道府県庁所在地の税務署に設置するなど、審査体制の強化・事前相談体制の充実

4.最初の認定を貰おうとするNPO法人のパブリックサポートテストなどの実績の判定機関が2年にすることが可能となる特例の適用期限が、1年に延長される

関連記事

  1. 揮発油税などの暫定税率
  2. 地方税の軽自動車税に関する消費税の再検討
  3. 延滞税などの再検討
  4. 「ひとりオーナー会社課税制度」を廃止
  5. 租税罰則の再検討
  6. 本人確認書類提出の簡略化
  7. その他国税の消費課税に関する見直し事項
  8. 公社債などの受益権譲渡に関する本人確認の簡略化
PAGE TOP