その他の税制

納税猶予の申請に関する補正手続など

提出された申請書・必要な提出書類に対して記載の不備があった場合・必要な提出書類の提出がなかった時は、税務署長はこのような書類の補正・提出を申請者に請求することが可能となります。この場合、請求されてから20日内にこのような書類に補正・提出がされなかった時は、納税の猶予(その猶予期間の延長も含まれる)の申請が取り下げたものとみなすことになります。
猶予の取消し(猶予期間の短縮まで)の事由に対して、下記のケースがその対象に追加されます。
a.上記で決まった分割納付の方法で国税を納めない場合(税務署長が仕方ない事由があると認められる場合は除外)
b.新しく猶予される国税以外の国税が滞納されたとき(税務署長が仕方ない事由があると認めらえる場合は除外)
c.偽りとその他、妥当でない手段で猶予が申請され、その申請に従って猶予されたことが判明したとき
また、納税の猶予申請に関する調査の質問検査権の定めが整備されます。

※この改正は、平成27年4月1日から行われる納税の猶予の申請・同日から行われる換価の猶予に関する国税に対して適用されます。

関連記事

  1. 青色申告書の提出をやめた時の一部準備金制度による準備金の取崩し方…
  2. 登録免許税に関する租税特別措置などの創設
  3. 消費税の免税事業者になる要件の再検討
  4. 都市再生特別措置法の改正による新措置の創設
  5. 外国人旅行客、消費税の免除対象を拡大
  6. その他地方税の消費課税に関する見直し事項
  7. 特定資産の買換えの場合の課税特例に対する見直し
  8. それぞれの主要課税の改革の方向性
PAGE TOP