その他の税制

2009年度の税制改正に基づいた増減収見込額数

*全ての項目の単位:億円

改正事項
平年度
初年度
≪1≫土地・住宅税制
1.住宅ローン減税の拡充
2.住宅リフォームに関する税額控除制度と200年住宅に関する
税額控除制度の設置
 
▲1530(*1)
▲240
 
▲110
▲110
≪2≫法人関係税制
1.資源生産性向上促進制度の
2.エネルギーの需給構造改革推進設備などの即時償却制度の導入
 
▲430
▲850
 
▲410
▲780
≪3≫中小法人関係税制
1.中小企業などの欠損金の繰り戻し還付の実施
2.中小企業などの軽減税率の引き下げ
 
▲1120
▲1100
 
▲940
▲1100
≪4≫相続税制
1.農地などに関する相続税の納税猶予制度の再検討
2.事業承継制度の設置
 
▲80
▲210
 
0
▲170
≪5≫証券・金融税制
確定拠出年金制度の拡充
 
▲270
 
▲50
≪6≫自動車課税
自動車重量税の減免措置の設置
 
1020(*2)
 
1020(*2)
分計
▲6850
▲4690

 

*1 住宅ローン減税の拡充に伴う平年度の減収見込み額数は、2009年~2013年までの居住分に関して改正された後の制度の適用をした時の減収見込み額数の平均と、改正の前の制度の適用をした時の減収見込み額数との差額が計上されています。
*2 自動車重量税の減免措置の設置による減収見込み額数は、特別会計分も含まれています。(平年度 ↑340億円、初年度 ↑340億円)

関連記事

  1. たばこ税などの税率の引き上げ
  2. 消費税の免税事業者になる要件の再検討
  3. 各種租税特別措置に関する見直し
  4. 国税不服申立制度の再検討
  5. 認定NPO法人に関する措置の再検討
  6. 納税の猶予・換価の猶予の再整備
  7. 税制抜本改革の基本的方向性と道筋
  8. 地球温暖化の対策のための税金
PAGE TOP