その他の税制

地方税の軽自動車税に関する消費税の再検討

≪1≫四輪以上・三輪の軽自動車に関する税率を下記のようにし、平成27年4月1日から新規で得られる新車から適用されます。

現行 改正案
(1)三輪 3,100円 3,900円
(2)四輪以上 貨物用・自家用 4,000円 5,000円
貨物用・営業用 3,000円 3,800円
乗用・自家用 7,200円 10,800円
乗用・営業用 5,500円 6,900円

≪2≫一番初めの新規検査から13年が過ぎた四輪以上と三輪の軽自動車に関する税率が下記のようになり、平成28年度分からの軽自動車税に対して適用されます。

(1)三輪 4,600円
(2)四輪以上 貨物用・自家用 6,000円
貨物用・営業用 4,500円
乗用・自家用 12,900円
乗用・営業用 8,200円

≪3≫二輪車・原動機付自転車に関する税率が下記のようになり、平成27年度分からの軽自動車税に対して適用されます。

現行 改正案
(1)二輪の小型自動車 (250cc超) 4,000円 6,000円
(2)二輪の軽自動車 (125cc超250cc以下) 2,400円 3,600円
(3)原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000円
50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円

関連記事

  1. 復興特別法人税の1年前倒し廃止
  2. 「マンション建替えの円滑化などに対する法律」の改正による新措置の…
  3. 自動車重量税の再検討
  4. 廃止される租税特別措置など
  5. 消費税の免税事業者になる要件の再検討
  6. 納税の猶予・換価の猶予の再整備
  7. 財政力の弱い自治体への地方法人税の再分配の見直し
  8. 関税に対する変更事項
PAGE TOP