その他の税制

地方税の軽自動車税に関する消費税の再検討

≪1≫四輪以上・三輪の軽自動車に関する税率を下記のようにし、平成27年4月1日から新規で得られる新車から適用されます。

現行 改正案
(1)三輪 3,100円 3,900円
(2)四輪以上 貨物用・自家用 4,000円 5,000円
貨物用・営業用 3,000円 3,800円
乗用・自家用 7,200円 10,800円
乗用・営業用 5,500円 6,900円

≪2≫一番初めの新規検査から13年が過ぎた四輪以上と三輪の軽自動車に関する税率が下記のようになり、平成28年度分からの軽自動車税に対して適用されます。

(1)三輪 4,600円
(2)四輪以上 貨物用・自家用 6,000円
貨物用・営業用 4,500円
乗用・自家用 12,900円
乗用・営業用 8,200円

≪3≫二輪車・原動機付自転車に関する税率が下記のようになり、平成27年度分からの軽自動車税に対して適用されます。

現行 改正案
(1)二輪の小型自動車 (250cc超) 4,000円 6,000円
(2)二輪の軽自動車 (125cc超250cc以下) 2,400円 3,600円
(3)原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000円
50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円

関連記事

  1. 各種課税標準の特例措置の設置
  2. 揮発油税などの暫定税率
  3. たばこ税などの税率の引き上げ
  4. 地方税の自動車税に関する消費税の再検討
  5. 各種公益事業用の資産の税金に関する新措置の創設
  6. 国税不服申立制度の再検討
  7. 支払調書に対する見直し
  8. 青色申告書の提出をやめた時の一部準備金制度による準備金の取崩し方…
PAGE TOP