その他の税制

地方税の軽自動車税に関する消費税の再検討

≪1≫四輪以上・三輪の軽自動車に関する税率を下記のようにし、平成27年4月1日から新規で得られる新車から適用されます。

現行 改正案
(1)三輪 3,100円 3,900円
(2)四輪以上 貨物用・自家用 4,000円 5,000円
貨物用・営業用 3,000円 3,800円
乗用・自家用 7,200円 10,800円
乗用・営業用 5,500円 6,900円

≪2≫一番初めの新規検査から13年が過ぎた四輪以上と三輪の軽自動車に関する税率が下記のようになり、平成28年度分からの軽自動車税に対して適用されます。

(1)三輪 4,600円
(2)四輪以上 貨物用・自家用 6,000円
貨物用・営業用 4,500円
乗用・自家用 12,900円
乗用・営業用 8,200円

≪3≫二輪車・原動機付自転車に関する税率が下記のようになり、平成27年度分からの軽自動車税に対して適用されます。

現行 改正案
(1)二輪の小型自動車 (250cc超) 4,000円 6,000円
(2)二輪の軽自動車 (125cc超250cc以下) 2,400円 3,600円
(3)原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000円
50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円

関連記事

  1. 大法人の交際費課税の見直し
  2. 農地保有を合理化する農地の譲渡に対する特別控除の見直し
  3. その他の固定資産税・都市計画税に関する新措置
  4. 消費税の仕入れ税額控除に対する「95%ルール」の再検討
  5. その他廃止される都市計画税・固定資産税の措置
  6. 相続財産に対する譲渡所得課税に新措置の創設
  7. 特定民間住宅地造成事業の為の土地譲渡に対する特別控除の見直し
  8. 沖縄の振興に関連した税制改正‐産業集積経済金融活性化特別地区の特…
PAGE TOP