その他の税制

自動車重量税に関する改正の概要

自動車重量税に関しては、車体の環境の負荷に対する複数税率が定められ、税負担を軽減することにします。
*2010年4月1日からの適用となります。

*この税率は、次世代自動車(ハイブリッド車、電気自動車など)が適用対象に含まれます。:ただし、2012年4月末まではエコカー減税による免税の対象
*次世代自動車の以外のガソリン自家用乗用車に関しては、次世代自動車の倍程度が重量当たりの二酸化炭素排出量であることが考慮され、この税率の2倍の税率にされます。
*大型車、軽自動車、営業車等に関しては、ガソリン自家用乗用車に対する現行の税率から引き下げた割合と同じ程度まで税率が引き下げられます。
*経年車(18年超過)に関しては、環境に対する負荷を考えて、現行の負担水準(暫定税率の水準)が維持されます。
*「エコカー減税」は、2012年4月末まで維持します。(軽減対象に含まれる税率が引き下がることに伴って負担軽):次世代自動車→免税、2010年度の燃費基準+1/4達成など→▲3/4、同+15パーセント達成等→▲5割)

ex)自家用乗用車のケースの税率/0.5㌧‐1年当たり

023

関連記事

  1. 認定NPO法人制度の再検討
  2. 税理士制度の再検討(2)
  3. 公認会計士に関する資格付与の再検討
  4. 国税不服申立制度の再検討
  5. 認定NPO法人に関する措置の再検討
  6. 税制改革の視点
  7. 住宅取得など資金の贈与に関する贈与税の特例措置
  8. 地方税不服申立制度の再検討
PAGE TOP