その他の税制

揮発油税などの暫定税率

*前からの10年間の暫定税率が廃止されます。また、地球温暖化対策や厳しい財政事情を考慮する必要が生じることなどから、当分、現在の税率水準が維持されることとなります。
*しかし、指標になる平均のガソリン価格が、連続3ヶ月にわたって、160円/ℓを超かすることになった時は、燃料課税の本則の税率を超える部分の課税を止める等の措置が施行されます。
*地球温暖化対策に関する税金に関しては、これから、当分の間に置かれる税率の再検討も含め、2011年度の実施に向けた成案を出すために、検討をさらに進行します。

022

関連記事

  1. 税理士制度の再検討
  2. 国税不服申立制度の再検討
  3. 資本に関わる取引などに対する税制の再検討
  4. 取得税の税額控除制度
  5. 定期金に関わる権利の評価方法などの再検討
  6. 税制改革の視点
  7. たばこ税などの税率の引き上げ
  8. 租税の透明化法に関して
PAGE TOP