その他の税制

地方税不服申立制度の再検討

地方税の不服申立て手続に関して、行政不服審査法の再検討につれ、下記の必要とされる規定が整備されます。

≪1≫督促に間違いなどの欠陥があることが事由になっている不服申立期間は、差し押えの通知をもらった日(その通知がない時は、その差押えされたことを知った日)の次の日から3カ月以内(現在:30日以内)に引き延びられます。
≪2≫固定資産の価格に関する不服審査に対して、審査の申し出の可能な期限が、納税通知書をもらった日から3カ月以内(現在:60日以内)に引き延びられます。
※この改正は、改正行政不服審査法が施行される日から適用されます。

関連記事

  1. 年金所得者に関する申告負担を軽減
  2. ベンチャー投資などに対する後押し
  3. 特定資産の買換えの場合の課税特例に対する見直し
  4. 地方税の自動車取得税に関する消費税の再検討
  5. 延長される所得税の特例事項
  6. 復興特別法人税の1年前倒し廃止
  7. 益税の縮小のための簡易課税制度の見直し
  8. 国内航空機や空港に関する新措置の延長
PAGE TOP