その他の税制

地方税の自動車取得税に関する消費税の再検討

≪1≫平成26年4月1日から得られる自動車に対して、優れた燃費性能・排出ガス性能を持つ環境負荷が小さい新車の自動車に対して賦課される自動車取得税のエコカー減税、すなわち自動車取得税に関する特例措置において、現行の税率を75パーセント減らす自動車に関する軽減割合が80パーセントに、税率が50パーセント減らされる自動車に関する軽減割合は60パーセントに拡充されます。
≪2≫平成26年4月1日から得られる平成22年度の燃費基準を満足させる自動車等に対して賦課する自動車取得税の税率が、下記のように引き下がります。
(1)軽自動車以外の自家用の自動車:5/100→3/100
(2)営業用の自動車・軽自動車:3/100→2/100

関連記事

  1. 個人の債務に関する経済的利益の所得額数計算の見直し
  2. その他租税特別措置に関する廃止・縮減事項
  3. 財形住宅貯蓄に対する非課税制度の見直し
  4. 一時金に対する相続税の非課税対象の拡大
  5. 処分の理由附記
  6. 特定口座内保管上場株式などの譲渡などに関する所得計算等特例の見直…
  7. 投資法人に関する課税特例・特定投資信託に関する受託法人の課税特例…
  8. 収用で得た代替資産に対する課税特例に新措置創設
PAGE TOP