その他の税制

地方税の自動車取得税に関する消費税の再検討

≪1≫平成26年4月1日から得られる自動車に対して、優れた燃費性能・排出ガス性能を持つ環境負荷が小さい新車の自動車に対して賦課される自動車取得税のエコカー減税、すなわち自動車取得税に関する特例措置において、現行の税率を75パーセント減らす自動車に関する軽減割合が80パーセントに、税率が50パーセント減らされる自動車に関する軽減割合は60パーセントに拡充されます。
≪2≫平成26年4月1日から得られる平成22年度の燃費基準を満足させる自動車等に対して賦課する自動車取得税の税率が、下記のように引き下がります。
(1)軽自動車以外の自家用の自動車:5/100→3/100
(2)営業用の自動車・軽自動車:3/100→2/100

関連記事

  1. 地球温暖化の対策のための税金
  2. 準備金の取り崩し方法の見直し
  3. 更正の請求期間を延長
  4. 所得拡大促進税制の条件の緩和
  5. その他の資産課税に対する各種措置の延長・拡充事項
  6. リゾート会員権売却損失、所得控除から除外に
  7. 公益法人などの収益事業に対する課税の再検討
  8. 企業再生税制に対する新措置の創設
PAGE TOP