平成22年度税制改正

「ひとりオーナー会社課税制度」を廃止

特殊支配同族会社での業務主宰役員給与の損金不算入制度、すなわち「一人オーナー会社課税制度」が廃止されます。
また、オーナー給与に関する課税の方式に関して、個人の事業主との課税の不均衡を調節する必要が生じ、2重控除の問題を解決することを目的とし、2011年度の改正でこのような抜本的な措置が設けられます。

改正前

019

  • 改正後- 2010年度改正
  • 一人オーナ会社課税制度の廃止

  • 課税- 2010年度改正
  • 2重控除の問題の継承のための根本的な措置が設けられます。

    関連記事

    1. 財政力の弱い自治体への地方法人税の再分配の見直し
    2. 非課税口座にある少額上場株式などに関する譲渡所得・配当所得の非課…
    3. 法人住民税法人税割税率の改正
    4. 特定中小会社からの発行株式に関する特例の延長
    5. 中小法人の交際費課税の特例
    6. 特定基金に関する負担金などの損金算入特例の縮減
    7. 福島復興再生特別措置法の改正と同時に設けられる措置
    8. 資本に関わる取引などに対する税制の再検討
    PAGE TOP