平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

所得拡大促進税制の条件の緩和

法人税から2012年度比で「給与総額を5%以上増やした企業」がその増額された部分の1割を差し引くことができる仕組みに対して、その適用条件を緩和し、企業の賃上げを促進する税制の拡大を行います。これによる減税規模は、平年度をベースにして1,600億円になる見込みです。
006
今年から施行された「所得拡大促進税制」は、3つの条件を満足させることで、対象の給与総額が増えた部分の1割を税額から控除する仕込みとなっていました。
3つの条件とは、下記の通りです。
1.一人あたりの平均給与が前年度の額数以上
2.給与総額が前年度の額数以上
3.給与総額が平成24年度比で5パーセント以上増加

しかし、企業から「条件が厳しい」などの声が相次いだことを受け、上記の要件の中から「3.給与総額が平成24年度比で5パーセント以上増加」の部分の見直しが行われました。25~26年度は24年度比で2パーセント以上、27年度は3パーセント以上に緩めます。「1.一人あたりの平均給与が前年度の額数以上」の条件に対しても、単純比較を中断し、対象から新入社員や退職者を除くことにします。

平成24年3月期決算の全ての上場企業の2469社の中で、賃上げ減税の適用ができる企業は600社に増え、この緩和措置の前の1.4倍増となります。
上場されていない中小企業まで入れると、100,000社以上が新たに適用できると予想されています。

関連記事

  1. 特定中小会社からの発行株式に関する特例の延長
  2. 登録免許税に関する租税特別措置などの創設
  3. 退職年金など積立金に関する法人税の課税対象の拡大
  4. 支払調書に対する見直し
  5. 国内航空機や空港に関する新措置の延長
  6. 環境関連投資促進税制の設置
  7. 換価の猶予の特例の創設
  8. 経営改革の後押し…収益力の向上が目標
PAGE TOP