個人所得課税

200年住宅に関する税額控除制度

200年住宅(長期優良住宅)の新築などを行った時、標準的なかかり増し費用の1割相当の額数を当該年分の所得税の金額から差し引くことができるようにします。この場合、控除の可能な最大額数は1,000,000円で、当該の年分の所得税から控除しきれない時は、次の年分の所得税の金額から差し引けます)
*制度の適用期限は、200年住宅の普及促進に係る法律の施行日である2009年6月4日~2011年12月31日までとなります。

住宅の床面積(平方メートル)X1平方メートルあたりの標準的なかかしまし費用(単価)=標準的なかかりまし費用の相当額数(限度額:10,000,000円)

1平方メートルあたりの標準的なかかしまし費用:

関連記事

  1. 上場株式などの譲渡益や配当に対する変化について
  2. 金融所得課税の一体化と日本版ISAの創設を拡充
  3. 難病医療・児童福祉法の定めによる医療に対する新措置の創設
  4. 農地などの相続税の納税猶予制度の整備
  5. 生命保険料控除の改組
  6. 非課税口座にある少額上場株式などに関する譲渡所得・配当所得の非課…
  7. 給与所得控除の再検討
  8. 個人の債務に関する経済的利益の所得額数計算の見直し
PAGE TOP