個人所得課税

200年住宅に関する税額控除制度

200年住宅(長期優良住宅)の新築などを行った時、標準的なかかり増し費用の1割相当の額数を当該年分の所得税の金額から差し引くことができるようにします。この場合、控除の可能な最大額数は1,000,000円で、当該の年分の所得税から控除しきれない時は、次の年分の所得税の金額から差し引けます)
*制度の適用期限は、200年住宅の普及促進に係る法律の施行日である2009年6月4日~2011年12月31日までとなります。

住宅の床面積(平方メートル)X1平方メートルあたりの標準的なかかしまし費用(単価)=標準的なかかりまし費用の相当額数(限度額:10,000,000円)

1平方メートルあたりの標準的なかかしまし費用:

関連記事

  1. 所得税の予定納税制に新措置の創設
  2. 中小企業などに対する軽減税率を引き下げることに
  3. 扶養控除の再検討
  4. 確定申告不要制度に新措置の創設
  5. 延長される所得税の特例事項
  6. 税制抜本改革の基本的方向性と道筋
  7. 厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済組合制度の統合に伴う新措置…
  8. 公益法人への寄附に関する非課税の特例に新たな措置の創設
PAGE TOP