平成21年度税制改正

事業承継制度 (2)贈与税の納税の猶予

経営承継の受贈者(”中小企業の経営承継の円滑化に係る法律”の定めによって経済産業大臣からの認定を貰った一定非上場会社の代表者の後継者)が、非上場会社の経営をしていた贈与者からの贈与によってその保有している株式などの全て(贈与を行った結果、後継者の保有している割合が、発行済株式議決権などの総数などの2/3を超える時は、その2/3に到達するまでにするのが贈与が要件となります。)を取得して、その会社を経営していくようになった時は、一定の条件を満たして、その株式などの贈与に関する贈与税の額数の納税が猶予されます。
また、その贈与者が亡くなった時には、その株式などを後継者が相続で取得したものとみなして相続税の額数を計算し、一定の条件を満たした上で、相続税の納税が猶予されます。

贈与税の納税猶予制度の概要

010

関連記事

  1. 税制抜本改革の基本的方向性と道筋
  2. 収用で得た代替資産に対する課税特例に新措置創設
  3. その他の国税における資産課税の改正事項
  4. 小規模宅地などの相続税課税の特例の再検討
  5. 各種登録免許税に対する租税特別措置などの延長・拡充
  6. 「マンション建替えの円滑化などに対する法律」の改正による新措置の…
  7. 2009年・2010年に取得した不動産の長期譲渡所得の1千万円特…
  8. その他の相続税や贈与税に関する租税特別措置などの延長・拡充
PAGE TOP