平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

電気事業法の改正に伴う新措置の創設

電気事業法が改正されることに基づいて設立される広域的運営推進機関の収益事業以外の事業に関する事業所税に対し、非課税にする措置が設けられます。
また、電気事業者から再生可能エネルギー電気を調達することに関する特別措置法から定められる一定認定発電設備に対する固定資産税の課税標準特例措置の見直しが行われ、その適用期限が2年に引き延びられます。

関連記事

  1. 地方公務員共済、国家公務員共済、私立学校教職員共済への新措置
  2. 個人の債務に関する経済的利益の所得額数計算の見直し
  3. 贈与税の再検討
  4. 公社債などの受益権譲渡に関する本人確認の簡略化
  5. 公益法人などの収益事業に対する課税の再検討
  6. その他国税の消費課税に関する見直し事項
  7. 都市再生特別措置法の改正による新措置の創設
  8. 農地に関する新措置の創設
PAGE TOP