平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

電気事業法の改正に伴う新措置の創設

電気事業法が改正されることに基づいて設立される広域的運営推進機関の収益事業以外の事業に関する事業所税に対し、非課税にする措置が設けられます。
また、電気事業者から再生可能エネルギー電気を調達することに関する特別措置法から定められる一定認定発電設備に対する固定資産税の課税標準特例措置の見直しが行われ、その適用期限が2年に引き延びられます。

関連記事

  1. 住宅取得など資金の贈与に関する贈与税の特例措置
  2. 退職年金など積立金に関する法人税の課税対象の拡大
  3. 確定申告不要制度に新措置の創設
  4. 特定資産の買換えの場合の課税特例に対する見直し
  5. その他の租税特別措置など
  6. 割引債の差益に対する源泉徴収特例の再検討
  7. 換価の猶予の特例の創設
  8. その他国際課税に関する変更事項
PAGE TOP