平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

電気事業法の改正に伴う新措置の創設

電気事業法が改正されることに基づいて設立される広域的運営推進機関の収益事業以外の事業に関する事業所税に対し、非課税にする措置が設けられます。
また、電気事業者から再生可能エネルギー電気を調達することに関する特別措置法から定められる一定認定発電設備に対する固定資産税の課税標準特例措置の見直しが行われ、その適用期限が2年に引き延びられます。

関連記事

  1. 予防接種法の健康被害救済給付に対して新措置の創設
  2. その他の国際課税原則の再検討事項
  3. 地方税の軽自動車税に関する消費税の再検討
  4. 投資法人に関する課税特例・特定投資信託に関する受託法人の課税特例…
  5. 住宅取得など資金の贈与に関する贈与税の特例措置
  6. 不動産取得税に関する新措置の適用期限の延長・廃止
  7. 事業承継制度 (2)贈与税の納税の猶予
  8. 公害防止用設備の固定資産税の課税標準措置の適用期間が延長
PAGE TOP