平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

調書に対する新措置の創設

調書を提出しなければならない人が管轄税務署長の承認を貰った時は、当該の管轄税務署長以外の税務署長に対して、調書記載事項を記したDVDなどを出す方法・e-Taxを使用して提出する方法のどちらかの方法で提供できることになります。
※この改正は、平成26年4月1日から提出しなければならない調書に対して適用されます。
その管轄税務署長から承認を貰うための申請書・調書記載事項を記したDVDなどを出す時の税務署長からの承認のための申請書が提出された場合に、その出した日から2月が過ぎた日までにその申請につき承認・却下の処分がなかったときは、その日にその承認がされたものとみなすことになります。
※この改正は、平成26年4月1日から出す申請書に対して適用されます。

関連記事

  1. 準備金の取り崩し方法の見直し
  2. その他の個人所得に関する税制改正
  3. 投資法人に関する課税特例・特定投資信託に関する受託法人の課税特例…
  4. その他の資産課税に対する各種措置の延長・拡充事項
  5. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
  6. 公社債・公社債投資信託の利子の調書提出の拡大
  7. 譲渡所得等の課税特例の範囲の見直し
  8. 非課税口座の再開設・非課税管理勘定の再設定が可能に
PAGE TOP