その他の税制

公認会計士に関する資格付与の再検討

税理士の資格に対して、現行税理士法第3条第1項・第2項とは別枠で、公認会計士は公認会計士法第16条による実務補習団体などから実施される研修の中で、一定税法に関する研修を受講するという内容の定めが設けられます。

※この税法に関わる研修は、下記のようになります。
≪1≫実務補習団体などから実施される税法に関する研修は、国税審議会から指定されます。
≪2≫指定される研修は、税法に含まれる試験科目の合格者と同じ程度の学識の習得ができる研修にします。
※この改正は、平成29年4月1日から公認会計士試験に受かった人に対して適用されます。

関連記事

  1. 大法人の交際費課税の見直し
  2. 支払調書に対する見直し
  3. 確定申告不要制度に新措置の創設
  4. 各種公益事業用の資産の税金に関する新措置の創設
  5. 地方税の自動車税に関する消費税の再検討
  6. 母子及び寡婦福祉法の改正による免税・新措置の創設
  7. 特定基金に関する負担金などの損金算入特例の縮減
  8. 中小企業など協同組合法の一部改正よる一定措置の創設
PAGE TOP