平成26年度税制改正(自公税制改正大綱)

収用で得た代替資産に対する課税特例に新措置創設

収用などとともに、代替資産を得た時の課税の特例などに対して、下記の措置が設けられます(法人税に関しても同様)
(1)子ども・子育て支援法などが施行され、収用対象事業用地を買取ることに対する簡易証明制度の対象に、一定規模の以上となる小規模保育事業の為に使用される施設と、地方公共団体等の設置に対する幼保連携型認定こども園を含めるなどの措置が設けられます。
(2)独立行政法人中小企業基盤整備機構が工業再配置などの業務に関わって卸電気事業人に、代わり資産の買い取りを行う時の収用などの証明書記載事項の特例が廃止されます。

関連記事

  1. 納税の猶予・換価の猶予の再整備
  2. 沖縄の振興に関連した税制改正‐その他の見直し・拡充
  3. 公益法人への寄附に関する非課税の特例に新たな措置の創設
  4. 公益法人などの収益事業に対する課税の再検討
  5. 一時金に対する相続税の非課税対象の拡大
  6. 景観重要建造物の税金に関する新措置の創設
  7. 納税猶予の申請に関する補正手続など
  8. 国内・国外間の有価証券移管に関する調書の提出
PAGE TOP