国際課税

その他の国際課税原則の再検討事項

≪1≫文書化

PEと本店などとの間で行われた内部取引の内容・存否の確認のための文書を記し、税務当局からの要求がされた時は遅滞なく提示し、提出しなければならないことになります。

≪2≫個人課税

個人の非居住者課税に対しては、原則として、帰属主義に変わる外国法人に基づいた取扱いになります。なお、個人の居住者課税に対しても、原則として、帰属主義に変わる内国法人に基づいた取扱いになります。
※この改正は、平成28年4月1日から始まる事業年度分の法人税、平成29年分からの所得税に対して適用がされます。

関連記事

  1. 国内航空機や空港に関する新措置の延長
  2. 国外財産長所制度
  3. 非課税口座の再開設・非課税管理勘定の再設定が可能に
  4. 景観重要建造物の税金に関する新措置の創設
  5. 地方税の自動車税に関する消費税の再検討
  6. 外国子会社合算制度の再検討
  7. 情報交換に対する国内法の整備
  8. 地方公務員共済、国家公務員共済、私立学校教職員共済への新措置
PAGE TOP