国際課税

その他の国際課税原則の再検討事項

≪1≫文書化

PEと本店などとの間で行われた内部取引の内容・存否の確認のための文書を記し、税務当局からの要求がされた時は遅滞なく提示し、提出しなければならないことになります。

≪2≫個人課税

個人の非居住者課税に対しては、原則として、帰属主義に変わる外国法人に基づいた取扱いになります。なお、個人の居住者課税に対しても、原則として、帰属主義に変わる内国法人に基づいた取扱いになります。
※この改正は、平成28年4月1日から始まる事業年度分の法人税、平成29年分からの所得税に対して適用がされます。

関連記事

  1. 国税不服申立制度の再検討
  2. 公益法人への寄附に関する非課税の特例に新たな措置の創設
  3. 民間設備投資額の減税率を拡大
  4. 子ども・子育て支援法などの施行による新措置の創設
  5. 特定基金に関する負担金などの損金算入特例の縮減
  6. 地方法人税の創設
  7. 特定口座内保管上場株式などの譲渡などに関する所得計算等特例の見直…
  8. 相続財産に対する譲渡所得課税に新措置の創設
PAGE TOP